サンセット・ナイトのツアー数56

サンセット・ナイトの料金の平均金額は7023円

サンセット・ナイト

サンセット・ナイトとは?

  • サンセットビーチの夕日
  • 沖縄本島で最後に夕日が沈む残波岬
  • 満点の星空を沖縄で
  • 輝く夕日を見ながらディナー!
  • 女子会でわいわいするのも沖縄の素敵な思い出
  • サンセット&ナイトカヤック

サンセット・ナイトのツアー数56

サンセット・ナイトの料金の平均金額は7023円

【カップルオススメ】シーカヤックで行く無人島サンセットツアー☆今だけ1000円割引

大人1名 5,500

アースシップ沖縄

沖縄本島中部・恩納村

19

【恩納村開催】サンセットSUP☆青い海も赤い夕陽も感動2倍☆到着日でも参加OK♪

大人1名 5,500

アースシップ沖縄

沖縄本島中部・恩納村

13

【6月ツアー開始】1日2名限定! 誰もいないはての浜へ夕方マリンジェットで行く☆サンセットはての浜&シュノーケリングツアー☆(シュノーケリングセット付き)

大人1名 7,000

はての浜ツアーバードアイランド

久米島(はての浜)

4

【夏季限定!受付開始】西海岸の海で夕陽を満喫!サンセットSUP体験プラン☆特典つき

大人1名 5,300

沖縄マリンスポーツ:Aqua-Pro(アクアプロ)

沖縄本島北部・本部町

星空ナイトツアーin URUMA

大人1名 2,500

うるま市観光物産協会

沖縄本島中部・恩納村

【沖縄・うるま市】★星降る島々★ファンタスティックプラン♪インスタ映え必須☆星空写真家が感動の記念写真!

1組 32,400

小さな島のフォトスタジオ

沖縄本島中部・恩納村

【沖縄・うるま市】★星降る島々★ワンダフルプラン♪インスタ映え必須☆星空写真家が感動の記念写真!

大人1名 11,880

小さな島のフォトスタジオ

沖縄本島中部・恩納村

【沖縄・うるま市】★星降る島々★プレミアムプラン♪インスタ映え必須☆星空写真家が感動の記念写真!

1組 25,920

小さな島のフォトスタジオ

沖縄本島中部・恩納村

【沖縄・うるま市】★星降る島々★スペシャルプラン♪インスタ映え必須☆星空写真家が感動の記念写真!

大人1名 9,720

小さな島のフォトスタジオ

沖縄本島中部・恩納村

【沖縄・うるま市】★星降る島々★ベーシックプラン♪インスタ映え必須☆星空写真家が感動の記念写真!

大人1名 7,560

小さな島のフォトスタジオ

沖縄本島中部・恩納村

【久米島】サンセットSUP

大人1名 7,000

LOKAHI久米島

久米島(はての浜)

当日予約OK!【沖縄/嘉手納】水平線に沈む夕日を追いかける気分。サンセットカヤックツアー!

大人1名 5,500

沖縄海あしび

沖縄本島中部・恩納村

当日予約OK!【沖縄/嘉手納】4月~11月ごろはホタルに会えるかも?ナイトカヤックツアー!

大人1名 5,500

沖縄海あしび

那覇・沖縄本島南部

青の洞窟体験&サンセットorナイトシュノーケルツアー

大人1名 6,800

Sea Chan石垣島

石垣・八重山

1

石垣島発、竹富島発、「幻の島」サンセットツアー

大人1名 8,000

Sea Chan石垣島

石垣・八重山

美しいサンセットを眺めながらスタンドアップパドル(サップ)をお楽しみいただけます【沖縄本部町 サンセットサップ】

大人1名 4,320

Cosmic Ocean (コズミックオーシャン)

沖縄本島北部・本部町

【沖縄・石垣島】夜の天然のプラネタリウム!星空&亜熱帯ジャングルナイトツアー【写真データ無料】

大人1名 3,900

石垣島&西表島adventure pipi

石垣・八重山

1

思い出の写真も残せる!朝日・夕日を満喫するSUPツアー

大人1名 7,900

石垣島&西表島adventure pipi

石垣・八重山

ロマンチックな1日!クーラの滝カヌーorSUP&星の砂観光

大人1名 12,000

石垣島&西表島adventure pipi

石垣・八重山

【沖縄・恩納村】サンセットシーカヤック★美しく幻想的な時間★

大人1名 5,000

ピンクマーメイド

沖縄本島中部・恩納村

1

【恩納村】トワイライト / ナイトSUPヨガ

大人1名 5,940

タイガービーチリゾートクラブ

沖縄本島中部・恩納村

【ご到着日にぴったり!半日コース】青の洞窟&サンセットカヤックツアー!

大人1名 8,500

沖縄海あしび

沖縄本島中部・恩納村

サンセット&ナイト SUP

大人1名 8,000

石垣島シュノーケルツアー

石垣・八重山

<宮古島/約2,5時間>3歳から参加OK!一度は見たい絶景♪ 宮古島サンセットカヤックツアー

大人1名 6,000

サマーリゾート宮古島

宮古諸島

1

星空観賞&ナイトサファリ 星降る夜にホタル・オオコウモリ・ヤシガニと出会う大自然満喫ツアー

大人1名 3,500

石垣島観光

石垣・八重山

【新コース:4月開始】【モビーディック号】ナイトディナークルーズ・コーラルコース

大人1名 4,800

ウエストマリン westmarine

那覇・沖縄本島南部

【新コース:4月開始】【モビーディック号】ナイトディナークルーズ・エメラルドコース

大人1名 5,800

ウエストマリン westmarine

那覇・沖縄本島南部

1

【新コース:4月開始】【モビーディック号】サンセットディナークルーズ・コーラルコース

大人1名 4,800

ウエストマリン westmarine

那覇・沖縄本島南部

満天の星&月夜と夜景を楽しむ一日一便限定ナイトカヤックツアー!!

大人1名 6,000

カモメのジョナサン

沖縄本島中部・恩納村

満点の星空&夜景を堪能!月の光に照らされて海中道路ナイトSUPツアー

大人1名 6,000

カモメのジョナサン

沖縄本島中部・恩納村

サンセット・ナイトとは?

夕方の落ち着いた雰囲気を楽しむことができるサンセットタイム。
「ビーチヨガ」や「SUP」「カヤッククルージング」で眺める夕陽は、心を癒す格別の美しさがあります。
やがて紫色から濃紺へと移り変わる先に広がるのは、満天の星空。
沖縄の夕暮れ時には、そんな癒しのスポットやツアーがおすすめです。

沖縄といえば、「エメラルドグリーンの透き通った海」と「真っ青な空」が思い浮かぶのではないでしょうか。でも、沖縄は海だけではないんです。おすすめは水平線に沈んでいく夕日と幻想的に光る都会ではなかなか見ることの出来ない夜空一面の星空です。街灯が少なく、空気が澄んでいる沖縄だからこそ見ることができるんです。また、大自然が織りなす夕日は見物ですよ。夕日をバックに撮影するのもとても美しいんです。今回は、沖縄でも有数のサンセットスポットや星空、クルーズなどをご紹介します。

サンセットビーチの夕日

シティビーチでアメリカンな雰囲気の中でのハイポーズ!北谷(ちゃたん)サンセットビーチ
沖縄本島中部の北谷町にある人工のビーチが北谷サンセットビーチです。すぐ近くにある美浜アメリカンビレッジは観覧車や映画館、レストラン等の商業施設が立ち並んでいて沖縄を象徴するといっていいほど観光客や地元民に愛されています。
最近ではサンセットをバックにプロポーズするカップルが続出していて、カップルの新スポットとして脚光を浴び始めています。夕日をバックにサプライズプロポーズをしたり、アメリカに来た気分を味わいながら、至福の時間を記念に残してみてはいかがでしょうか。

沖縄国際映画祭のビーチステージであなただけのステージを作って!トロピカルビーチ
沖縄本島中部の宜野湾市にあるのぎわんトロピカルビーチは、メディアや雑誌等にも取り上げられている沖縄国際映画祭のビーチステージとしても有名です。何も周りの障害物がない石灰岩の展望台から見える夕日は感動的です。
トロピカルビーチの入り口には、半円盤のモニュメントがあります。遠近法を使って、その中に立って夕日の綺麗さと海と空の雄大さを感じるショットを撮るのも良いかもしれませんね。水平線を見渡せる特等席のカップルシートまであるので、もし恋人と行く場合は、そこに座ってこれからの2人の将来の話を語るのもロマンチックですね。

沖縄本島で最後に夕日が沈む残波岬

沖縄本島で最後に夕日が沈む残波岬で雲の切れ間から夕日が差し込む幻想的な景色!
沖縄県本島最西端の読谷村にある高さ10m~30mの断崖絶壁が2km続いている残波岬はとても迫力があります。慶良間諸島まで眺めることが出来、ダイビングスポットとして地元民や観光客にも人気があります。
隠れた岩場に聖地と呼ばれる場所があって、地元民も足しげく通う拝所(うがんじゅ)という地元の人にとって大切な場所です。パワースポットとしても有名なので、お願い事をしてみるのも良いでしょう。

拝所(うがんじゅ)ってなに?
ウガミ(沖縄北部)やウガミヤマ(拝み山)から変わった言葉で沖縄地方では神霊がいる聖域といわれています。拝所は森や高い樹木の木の下や石が置かれている場所で地元の人は拝む風習があります。
サンゴ礁が隆起してできた琉球石灰岩で覆われているので、ゴツゴツした岩ばかりなので、裸足やビーチサンダルで歩くのは足をくじいたり、ケガをする可能性があるので、スニーカーで行くことをおすすめします。

天然のロングビーチが絶景の癒しスポット!夕日を堪能してみてため息が止まらない瀬底ビーチ
瀬底ビーチは沖縄本島の本部町にある瀬底島は周囲が約7kmの島で車で行ける島として観光客や地元の人にも有名なスポットにあります。瀬底大橋やアンチ浜などもありますが、シュノーケリングスポットとしても有名です。海の透明度が抜群なので、サンゴもたくさん見ることが出来る場所として知られていますが、夕日もとっても綺麗なんです。昼とは違った雰囲気を味わえるので、撮影場所としてもおすすめですよ。
混じりけのない真っ白な天然砂浜に座って夕日を眺めている二人が寄り添っている姿を撮影するウエディングフォトも素敵ですよ。遠近法で二人の指で夕日を掴むポーズをするのもオシャレなショットですよね。

東シナ海を一望できる「渡具知ビーチ」

東シナ海を一望できる「渡具知ビーチ」の海と夕日の幻想的な色合いをバックフォトジェニックショットを撮ろう!
渡具知ビーチはどういう場所なの?
読谷村にある渡具知ビーチは沖縄本島中部西海岸、読谷村と嘉手納町の境を流れる比謝川河口の北側の泊城公園の中にある天然ビーチです。1945年にアメリカ軍が渡具知の浜から沖縄に上陸しました。地元や米軍の家族連れに人気がある穴場スポットとして知られています。海上から生えるいくつもの石灰岩地の奇岩たちが有名です。とってもダイナミックですよね。
長い海岸線が美しいビーチの目の前には水平線が一直線に広がっているので、水平線に沈んでいく太陽は圧巻です。撮影時間は限られていますが、なかなか撮ることが出来ないシチュエーションです。水平線に沈んでいく夕日を見ながら過ごすひと時・・・イメージを膨らませるだけでも素敵ではありませんか。
満潮と干潮の1時間の間に読谷村渡具知ビーチ内の岩には、ジンベイザメに見える自然の造形が浮かび上がるといわれています。時間とタイミングが合えば、出会えるかもしれません。

東シナ海に沈む空をオレンジの染める夕日が感動的!透明度抜群の遠浅の天然ビーチといえばニライビーチ
ホテル日航アリビラの前に広がるのがニライビーチです。潮の干満を感じることができるので、満潮時にはジェットスキーやウエイクボードなどのマリンスポーツを楽しむ人も多いです。
天然ビーチから見るカタマランヨットで行くサンセットセーリングが非日常的な空間を演出することができます。まるで海外リゾートに来たような雰囲気を味わえるので、海、空、夕日をバックにヨットで優雅に過ごしてみませんか。

満点の星空を沖縄で

都会ではなかなか見ることのできない満点の星空を沖縄では見ることができちゃいます。特に天気が良い日にふと夜空を見上げれば、両手では足りないくらいの流れ星を発見できるので、いくら願い事があっても足りないくらいですね。市街地より少し離れた場所で沖縄の星空をより美しく楽しむことが出来る天体観測スポットをご紹介します。

星空スポットで気を付けることは?
沖縄にはハブがいますので、草むらなどに無闇に入るのも危険です。どこにハブがいるかわからないので、昼間に星空の観察場所の下見をしたり、日の出ている間に移動をしておくと安心ですよ。望遠鏡はなかなか大きくて持ち運びしにくいですよね。そんな時に双眼鏡がおすすめです。望遠鏡に比べて視界が広く見えるので、大きな星雲などを観測する時に便利です。
満点の星空を見たなら写真を撮りたい!という衝動に駆られますよね。しかし、スマートフォンやデジカメだと綺麗に映らないという方も多いのではないでしょうか。できるだけミラーレスカメラや一眼レフカメラを持っていくことをおすすめします。満点の星空をなんとしてでも撮りたい!という方には、撮る時に撮影中はカメラを動かさないことです。少しでも動くと、星空がぶれてしまって、せっかくの写真が台無しになる可能性があります。三脚を持って撮影に臨むのがベストかもしれませんね。
マナーとして沖縄の星空を見に来ている他の人に迷惑がかかるので、ライトなどの明るい光は、観測場所に到着した消すなどの配慮を忘れずにしてください。あなただけでなく、みんなが楽しく過ごせるようにマナーを守って天体観測を楽しんでくださいね。

天の川を探してみて!案外穴場スポットかも?茅打ちバンタ
沖縄本島の北部にある「茅打ち(かやうち)バンタ」は、天の川をすぐ見つけられるほど美しい満天の星空を観ることができる沖縄で特に人気の天体観測スポットのひとつです。高さ80mもある断崖が東シナ海へ向かって切り立っている場所なので、便が悪くて星空スポットまで行きづらいせいなのか観光客があまりいないことが多いので、わいわい星空を見るというよりしっぽり静かな環境の中で少人数で天体観測したい方におすすめです。

家族でワイワイ!急にトイレが行きたくなっても大丈夫!国頭村森林公園

茅打ちバンタと同じ沖縄本島北部にある国頭村森林公園は、穴場ですが、断崖絶壁の場所にある茅打ちバンタとは真逆です。星空スポットや花火大会など、綺麗に見れる場所にはトイレがなくてどうしよう!などと困ったことはありませんか。国頭村森林公園はそんな不安を解消してくれます。園内にはキャンプ場があるので、トイレなどの設備が充実しているんです。広い駐車場もあるので、安心ですよ。星空を見に来る人だけじゃなく、多目的な利用が可能なふれあい広場や球場があるので、連休やキャンプシーズンには多くの人で賑わっていますよ。ファミリーや大人数でみんなでワイワイ仲良く天体観測を楽しめるおすすめのスポットですよ。探検する気持ちで気軽に星空を楽しむのもよし!本格的に天体観測するのもよし!です。

輝く夕日を見ながらディナー!

輝く夕日を見ながらディナー!まさに海の娯楽!豪華な装備を備えたクルーザーでのクルージングは格別です。クルーザーの中には豪華キャビン、トイレ、寝室も完備されています。海上のホテルと言ったところでしょうか。リッチで優雅なまるでセレブになったような気分を味わうことが出来るディナークルーズについて解説します。

ディナークルーズとはどういうものなの?

大体17時から18時頃に出発して約1時間45分ほど航海とディナーを楽しむことが出来ます。オープンデッキで食べることが出来るバーベキューディナーや船内で食べることが出来るコースメニューに分かれているのが一般的です。船内では、エンターテイナーによる生演奏が響き渡っているので、普段味わうことができない優雅な気分に浸ることが出来ますよ。宿泊する施設にもよりますが、送迎がついている場合もあります。
季節や場所によっては、花火が上がる時もあるので、花火と町のきらめきのコラボレーションはきっと忘れられない思い出になるでしょう。

船上を散策しよう
天気が良ければデッキに出て少し散策するのも良いですよ。クルージングによる風が心地よいので、食事をした後の気分転換におすすめです。晴れているのに遠くの方では雨が降っている時もあります。この現象を沖縄の言葉で「かたぶい」といいます。沖縄ならではのスコールなどの通り雨も多く、ザッと雨が降ってもすぐに晴れたり、雨のあとには大きな虹がかかったりするので、雨が降っているからといってそこまで心配する必要はありませんよ。

女子会でわいわいするのも沖縄の素敵な思い出

カップルや夫婦以外に沖縄で楽しむならやっぱり友達とでしょ!という方も多いのではないでしょうか。普段海の見えるおしゃれなカフェや少し敷居の高いレストランで女子会!というのも素敵ですが、旅行先である沖縄で陸上で味わうことが出来ない海上でのディナーもおすすめです。騒ぐことはできませんが、夕日をバックに写真を撮ったり少しドレスアップした姿で集まれば、フォトジェニックな写真が撮れること間違いなし!です。みんなが憧れる大人な女性を演出することが出来ます。

誕生日や結婚記念日にも最適?
非日常を楽しむことが出来るディナークルーズだからこそ特別な日のお祝いをしてみませんか。沖縄というまるで海外リゾートに来たかのような気分を味わうことが出来るので、日常生活を抜け出したリラックスした状態でお祝いすることで、より一層喜びは倍増しますよ。ロマンチックな雰囲気の中でお祝いをしてみるのも良いかもしれませんね。

ディナークルーズの醍醐味は大自然が織りなす夕日は見物ですよ。沖縄の景色は、昼間がメインですが、夕日もとても美しいんです。今回は、沖縄でも有数の夕日スポットをご紹介します。クルージングの最中に様々なスポットを巡ると思うので、ディナーを楽しみながら外の景色も堪能してくださいね。

サンセット&ナイトカヤック

水平線に沈んでいく夕日も夜の満点の星空も楽しめる!一石二鳥のマリンスポーツといえば、カヤックです。まずは、シーカヤックについてご紹介します。

シーカヤックってなに?
イヌイット語で「皮張りのボート」という意味です。シーカヤックは、元々狩猟や荷物の運搬を目的としてイヌイット(エスキモー)たちが日常的に使われてきました。いつのまにか欧米で旅の道具やレジャー用の舟に変わり、人気のマリンスポーツとなりました。初心者でもすぐに楽しむことが出来るのがシーカヤックです。海で泳ぐのは怖いし、でも綺麗な海を間近で見たい!という方には特におすすめです。シーカヤックもカヌーの一種で移動できる船の総称ですが、海で使うものをシーカヤックと呼んでいます。川で使用するものより艇身が長く、波や風に強いのも特徴で1本のパドルに水かきが両端についています。パドルを使いながら漕いで進むことができることを意味します。シーカヤックにはスピード重視で細い形のもの、波間で遊ぶため短いもの等、さまざまな種類があります。一般的なシーカヤックは二人乗りが基本ですが、小さなお子様だと大人の間に乗ることが出来ますよ。

シーカヤックの魅力って?
360度に広がる透明度が高い海をのんびりと冒険気分を味わうことが出来ます。水面に近い目線で海の中を覗けることも魅力のひとつです。シーカヤックは漕ぐ必要はありますが、漕ぎ方によって風の音、風向き、水温や気温の感じ方が異なるのが幻想的ですよね。初心者でも楽しめますし、中級や上級の方でも幅広い方に楽しんでもらうことができるのも魅力の一つです。日常生活ではなかなか味わうことができない未知の自然をみせてくれます。海の潮の満ち引きによって海に潜らなくてもサンゴ礁や魚たちに出会えます。カヤックは静かに前に進むので、動物や魚たちに気づかれることなく、近づくことが出来ます。海だけではなく、川を散策するとマングローブの中をゆっくりと進むと、そこは楽園!シーカヤックはスポットによってさまざまな楽しみ方が広がるのも魅力です。

シーカヤックのルール
海はもちろん自然が創ったものなので、楽しむためには充分な準備や対策が必要となってきます。安全対策をはじめ、防寒対策や変わりやすい天候気象チェックなど様々あります。ルールを守ることが自分自身を守ることに繋がるので、シーカヤックをする前にしっかりと確認しておいて下さいね。 必ず守って!ライフジャケットの着用
ライフジャケットの着用は義務付けられています。なぜなら命を守る救命胴衣だからです。カヤック中の操船ミスや変わりやすい天候や気象の変化による落水は起こる可能性があります。また、サンセットやナイトカヤックだと視界が悪くなるので、特に危ないんです。ライフジャケットは、身の安全を確保した上で危険から守るために必ず必要です。カヤックは気軽に初心者でも始めることが出来、小さいお子さんも乗ることが出来ますが、その分危険も潜んでいます。泳がなくても身体を浮かべるためにライフジャケットが必要となってきます。泳げない!呼吸が出来ない!となると、判断が鈍ってしまいますし、案外近くの岸まですぐ辿り着ける距離でも時間がかかる場合があります。このような危険が起こらないように必ず、ライフジャケットは着用してください。

日没の時刻に近づいてくると、目の前に広がる水平線に沈んでいく夕日を眺めながらカヤックを漕ぎ始めます。夕日が沈んで、徐々に暗闇になっていく風景は、まさにアドベンチャームード満点!冒険に来たという気持ちが高まります。

あなたはジャングルの冒険隊の一人?

シーカヤックでは、夕日がメインですが、マングローブ林でのカヤックは、まるジャングルクルーズの世界です。カヤックを漕ぎながら大自然を自由自在に進むことができます。日中より視界が狭いので、ドキドキ感やワクワク感が増しますよね。日常生活では聞こえてこないマングローブ林から聞こえてくる虫や鳥のさえずり、夜に動き出す動物達の気配を感じることができます。
景色を楽しめるのはもちろんのこと、沖縄のマングローブ林でのカヤックは、自然が豊かなので、普段なかなか見ることが出来ない動物や植物を観察することができますよ。シーカヤックやナイトカヤックの魅力は、なんといっても季節や時間帯に合わせた体験ができることです。時間帯や季節に合わせて様々な顔を見せてくれるので、一度ではなく、何度も訪れたくなる、体験したくなりますね。

普段乗り物酔いや船酔いするかもしれなくて心配という方にも安心!体験ツアーではインストラクターがついているので、穏やかな波まで案内してくれますよ。素晴らしい大自然が残っている沖縄があなたを待っています。

いかがでしたでしょうか。今回は、日中だけではなく、夜も楽しむことが出来るサンセット、ナイトツアーの体験をご紹介しました今すぐにでも沖縄に行きたい!という気分になったのではないでしょうか。海を楽しむマリンスポーツも充実していて、初心者でも安心なサポートも揃っていますよ。今年の夏を充実させる一つの遊びとして沖縄に足を運ぶのも良いかもしれません。海外に行かなくても日本国内なのに海外に来たような気分を味わえるなんて一石二鳥ですよね。沖縄は、1日中楽しめるような体験がたくさんあります。のんびり過ごしたい!非日常を過ごしたい!という方には特におすすめです。水平線に沈んでいく夕日や視界に入りきらないほどの満点の星空を是非、あなたの目で確かめてください。ゆったりとした時間を沖縄で過ごしませんか。

エリアから探す

  • 那覇南部
  • 恩納村・中部
  • 名護市・北部
  • 慶良間
  • 久米島
  • 宮古島地方
  • 石垣・八重山

エリアから探す

  • 那覇南部
  • 恩納村・中部
  • 名護市・北部
  • 慶良間諸島
  • 久米島地方
  • 宮古島地方
  • 石垣・八重山地方

エリアで絞り込む

  • 那覇南部
  • 恩納村・中部
  • 名護市・北部
  • 慶良間
  • 久米島
  • 宮古島地方
  • 石垣・八重山

料金並べ替え

OK