ホエールウォッチング|慶良間(ケラマ)のツアー数2

ホエールウォッチング|慶良間(ケラマ)の料金の平均金額は4150円

ホエールウォッチング|慶良間(ケラマ)

ホエールウォッチング|慶良間(ケラマ)とは?

  • ホエールウォッチングってなに?
  • どんなクジラを観察することができるの?
  • ホエールウォッチングの流れ
  • ホエールウォッチングで役立つ!クジラの行動や生態を知ろう
  • 沖縄でおすすめのホエールウォッチングスポットはどこ?

ホエールウォッチング|慶良間(ケラマ)のツアー数2

ホエールウォッチング|慶良間(ケラマ)の料金の平均金額は4150円

那覇発!【午後便】ホエールウォッチングツアー!

大人1名 3,800

パイレーツマリンクラブ

慶良間(ケラマ)

2

【那覇発/1日2便運行!】お得な2大特典付き!★全額返金保証&那覇市内ホテル送迎あり★ホエールウォッチングツアー!!

大人1名 4,500

セルリアンブルー

慶良間(ケラマ)

4

ホエールウォッチング|慶良間(ケラマ)とは?

あなたは海をふと眺めたくなる時はありますか。何か生物がいればいいなと思いながら海を見つめている方も多いかもしれません。しかし、目を凝らしても何もいない・・・とガッカリしますよね。せっかくなら何か生き物をウォッチングしたい!と思っているそこのあなた!そんなあなたにオススメなのは、ホエールウォッチングです。全国各地でホエールウォッチング出来るスポットはありますが、絶対会える!遭遇率が約100%と言われている大自然と透明度が高い海が自慢の沖縄で迫力のあるクジラを観察することで、感動を体験してみませんか。

ホエールウォッチングってなに?

12月下旬から4月上旬の1年の中でも期間限定で楽しめる人気のアクティビティです。ホエールウォッチングの見どころは、なんといっても野生クジラの迫力とダイナミックなパフォーマンスが魅力です。寒い冬場に気候が温かい沖縄にやってくるので、たくさんのクジラに出会えるかもしれません。

ホエールウォッチングの歴史

野鳥観察と似ていますが、クジラやイルカを自然の中を観察することを意味します。ホエールウォッチングの歴史は、アメリカ合衆国になるサンディエゴがコククジラの観察に適している土地だとされた1950年にさかのぼります。コククジラ・ウォッチングとして観光産業として発展したことから現在のホエールウォッチングに繋がっています。当時は、約1万人が訪問したといわれています。1998年には世界中で87ヵ国に広がっていて、年間900万人以上の訪問者数に増えました。

日本ではどこでホエールウォッチングが出来るの?

北は北海道の知床で始まり、南は渡嘉敷島周辺まで全国各地でホエールウォッチングが出来ます。昔は鯨類は保護の対象ではなかったので、駆除や捕殺などの対象になってきたことで、生息が危険な状態となっています。

時期はいつなの?

12月下旬~4月上旬がシーズンです。1年中温かい沖縄にクジラが冬に集まってくるからです。

どんなクジラを観察することができるの?

【ザトウクジラ】
これぞクジラ!といっていいほど、クジラの中で有名ですよね。クジラを詳しく知らないという方もザトウクジラという名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。なぜザトウクジラと言うの?というと、和名「座頭鯨」という意味は盲人が琵琶を背負った姿に似ているというところから由来していると言われています。北海道の日本海側や瀬戸内海を含めて日本列島のほとんどの沿岸地域で観察することができます。冬は小笠原や南西諸島に生息していて、ハワイや沖縄の慶良間諸島などの温暖な海で繁殖や子育てをするために訪れるといわれています。夏は、アラスカ海域のオキアミやイワシなどを食べています。まだまだ解明されていない部分が多い哺乳類でも知られています。体長が約13mで体重はなんと、20~30tととてつもなく重いクジラです。最近では、ザトウクジラの個体数は増えているので、出会える確率も高いかもしれません。

【ニタリクジラ】
世界最大のシロナガスクジラと同じナガスクジラ科で体長約15mで体重が約20~25tあるニタリクジラは、高知県の土佐湾や鹿児島県笠沙町周辺に生息していることが多いとされています。上あごに3本の線があるので、他のクジラと見分けることができますよ。 もしかしてニタリと笑うからニタリクジラっていうの?と思う方も多いかもしれません。違います!ニタリクジラはイワシクジラと同じクジラだと思われていました。イワシクジラなのにナガスクジラに似た噴気をあげたり、背びれを持っているということから「似たり」から「ニタリクジラ」という名前が付けられました。ニタリと笑うからではないんですね。ニタリクジラは、船が近寄ってきてもさほど警戒しない穏やかな性格と優雅に泳ぐ姿から別名「海の貴婦人」と呼ばれていますよ。ニタリクジラは冬のみならず、一年中見ることができるクジラとしても知られています。

【ミンククジラ】
小笠原諸島以外の日本近海のほとんどの海域に生息していますが、ホエールウォッチングは、北海道の沿岸部で見ることができます。ミンククジラは、小型で体長7~10mで体重は5tほどです。オキアミやプランクトン、マイワシを海水から濾しとって食べています。ミンククジラの名前の由来は、ノルウェー人のマインケという人の名前がなまったことから由来していると言われています。密猟などの対象になったことで、太平洋側でも個体数が激減したといわれています。ホエールウォッチングできる数も減っているので、ホエールウォッチングでミンククジラが見れたら、とってもラッキーかもしれませんね。

【マッコウクジラ】
日本近海の大型鯨類の中では、最も個体数が多いとされています。マッコウクジラは、最大の肉食動物でありながらクジラの仲間の中では4番目に大きい種類です。どれだけ大きいの?と疑問を持ちますよね。オスは特に大きく、体調15~20mで体重は40~60tです。想像できますか。イメージが出来ないほどの大きさを誇るマッコウクジラはどうやってその体を浮かしているの?と思いますよね。マッコウクジラの体内の大量の脂肪分があるじことで、水中で自然に浮くことが出来ています。60tの巨体が水中で浮いているなんて、信じられないですよね。マッコウクジラは、頭部の油の温度を調整することで、浮く力を調整している言われています。そんなマッコウクジラは、北海道から南西諸島まで幅広い海域で観察することができますよ。

【ツチクジラ】
ツチクジラは、全長約12mで体重は12tでハクジラ類の中ではマッコウクジラに次いで大きいと言われています。名前の由来は、ワラを叩くツチに頭部が似ていることからつけられました。上顎には歯がなく、イカや底魚などを挟むために使っているので、噛まずに飲み込んでいます。クジラの種類によってそれどれ特徴が違うので、面白いですね。ホエールウォッチングで高確率でツチクジラに出会えるのは知床半島と網走沖のみです。潜水時間は長い時だと1時間以上も潜っているので、出会えるのは、稀かもしれません。現在では、数が少なくなっているので、今では少し幻のクジラになっていますよ。

【シャチ】
パンダのような縞模様とイルカのように人懐っこいシャチは、マイルカ科の哺乳類で全長7m、体重10tのシャチ属の動物です。フリーウィリーというシャチの映画でとても有名になりましたよね。この映画を見て知ったという方も多いのではないでしょうか。シャチの名前の由来は、魚の胴に虎の頭を持つこの世には存在しない生物の「しゃちほこ」からきています。シャチは、海洋生物の食物連鎖の中で頂点に君臨しています。サメですら手を出すことが出来ません。クジラ、アザラシ、トド、イルカ等の様々な生物を獲物としますが、まさかのサメさえ食べるんです。見た目では、想像できませんよね。シャチは北海道沖に主に生息していますが、その他の地域でも比較的観察されていますが、個体数は少ないので、ホエールウォッチングではなかなか見れないかもしれません。

少しクジラを知ったところで、ホエールウォッチングの流れを一通りお教えします。

ホエールウォッチングの流れ

1.出発前の事前準備をしよう
集合場所まで移動したあとは、船に乗り込みます。普段乗り物酔いをしてしまうという方は必ず、酔い止めの薬を飲んで下さい。もう一つ、ここで気をつけないといけないことは、「陸上では少し暖かいから海の上でも大丈夫!」と思い込むことです。冬の海をあなどってはいけません。冬の海上は予想以上に寒いので、防寒対策をすることは必須ですよ。

2.出没ポイントまで船で移動しよう
ホエールウォッチングスポットまでクルージング!せっかく沖縄に来たなら透き通ったエメラルドグリーンの海を見たいですよね。到着するまで広大な海を全身で感じて下さい。船での移動中は出来るだけ遠い場所を見ることが船酔いしないポイントですよ。

3.ホエールウォッチングをしよう
ホエールウォッチングスポットに着いたら、後はクジラを見つけるだけです。そんなこと言っても難しそうと思っている方にも安心です。船長さんがクジラを見つけたら、クジラの近くまで船を寄せてくれるので、比較的簡単に見つけることが出来ます。船長さんはクジラを見つけるプロフェッショナルですが、素人でもクジラを一番に見つけたい!という方は特に目を凝らして、クジラを探してください。よくテレビでクジラが潮を吹いているシーンや泳いでいるところを見たことはあるかもしれません。しかし、間近で見るクジラは画面越しで見るのとはケタ違いです。約20tで13mほどのクジラです。今まで経験したことのないほどの迫力を感じることが出来るでしょう。クジラを見つけて迫力満点!と驚くだけではなく、クジラの行動や生態を知ることで、より楽しいホエールウォッチングをしませんか。

ホエールウォッチングで役立つ!クジラの行動や生態を知ろう

【ブロウ】
噴気、息継ぎのことをいいます。大型の個体であれば、上がるブロウの高さはなんと3mを超えることもあるそうです。広大な海でホエールウォッチングする時は、このブロウを探して存在場所を知ることが出来ます。

【ペダンクルアーチ】
クジラが長い時間潜水をする前に背中をアーチ状に大きく曲げる行動のことをいいます。ペダンクルアーチは良いシャッターチャンスですよね。

【フーディング】
餌を食べる行動のことをいいます。大きな口でイワシなどの魚を海水ごとパクリと食べる姿は圧巻です。海水や魚をそのまま飲み込んで大丈夫なの?と心配になる方もいるかもしれませんが、大丈夫です。一度口に入れた後、クジラヒゲを使って餌を濾し取り、海水だけを口の外に出します。そんな器用なことをあんな大きい体で出来るのなんて、すごいですよね。是非、ホエールウォッチングで観察してみてください。

【ブリーチング】
ジャンプするように水面に大きな体が宙を舞う行動のことをいいます。ブリーチングが見れたらそれは奇跡!ブリーチングを見れる確率はまさか5%以下と言われています。見れたらあなたはラッキーです。

【スパイホップ】
海面から顔を出して周辺を眺める行動のことをいいます。海草の茂みに入ったり、岸近くを泳いだりする時やボートが近づいた時にこの行動を観察することが出来ます。

【ペックスラップ】
体を横に倒して浮かんだ状態で空中に突き出した胸びれを海面に振り下ろす行動のことをいます。海面を叩く水音で仲間に合図をしていると言われています。特にザトウクジラに多くみられる行動で、何度も繰り返して行うことが多いので、是非、ザトウクジラのホエールウォッチングでペックスラップをしているかを観察してみてください。

沖縄でおすすめのホエールウォッチングスポットはどこ?

穴場スポットは北部エリア!せっかくホエールウォッチングするなら近距離でクジラを見たい!という方には特におすすめです。ホエールウォッチングの船が他のエリアと違って少ないので、クジラに近づける確率が高いことが特徴です。那覇エリアと中部エリアは、クジラというよりも交通の便利さや観光しやすさ、宿泊場所と合わせて利用されることが多いです。あなたの好みや滞在中の行動によって、エリアやスポットを選んでも良いと思います。
必要な装備や服装は?
沖縄は1年中温かい気候で、12月~4月のホエールウォッチングシーズンでも平均気温は17~20℃もあります。沖縄以外で真冬といえば、必ずコートを着ないと風邪をひいてしまいますよね。でも、沖縄は真冬でもコートなしで過ごすことが出来るなんて驚きですよね。しかし、海をあなどってはいけません。船の上では、たくさん水しぶきを浴びることもあります。船に乗る時はコートやジャケット等の防寒具は必ず用意しましょう。
そこで、おすすめの服装をご紹介します。

エリアから探す

  • 那覇南部
  • 恩納村・中部
  • 名護市・北部
  • 慶良間
  • 久米島
  • 宮古島地方
  • 石垣・八重山

エリアから探す

  • 那覇南部
  • 恩納村・中部
  • 名護市・北部
  • 慶良間諸島
  • 久米島地方
  • 宮古島地方
  • 石垣・八重山地方

エリアで絞り込む

  • 那覇南部
  • 恩納村・中部
  • 名護市・北部
  • 慶良間
  • 久米島
  • 宮古島地方
  • 石垣・八重山

料金並べ替え

OK