パラセーリング|与論島のツアー数0

パラセーリング|与論島の料金の平均金額は0円

パラセーリング|与論島

パラセーリング|与論島とは?

  • パラセーリングとは
  • パラセーリングの魅力
  • 沖縄で人気のパラセーリングスポットはどこ?
  • パラセーリングに必要なものやおすすめの服装は

パラセーリング|与論島のツアー数0

パラセーリング|与論島の料金の平均金額は0円

該当する情報はありません

パラセーリング|与論島とは?

沖縄といえばどんなイメージを持ちますか。澄み切ったスカイブルーの空と透明度が高いエメラルドグリーンの海を想像するのではないでしょうか。そんな景色を全身で感じて独り占めできるマリンスポーツがあったら体験したい!という方は多いです。どんなマリンスポーツなの?と気になる方に必見!まるで空を飛ぶピーターパンのような気持ちになれますよ。今回は、沖縄の空や海を全身で感じるパラセーリングというマリンスポーツをご紹介します。沖縄に来たくなること間違いなし!です。

パラセーリングとは

パラセーリングって名前は聞いたことや大体のイメージがパッと浮かぶのではないでしょうか。そのぐらいパラセーリングはマリンスポーツの中でも有名なスポーツの一つとして知られていますが、実際にはパラセーリングってどういうもの?ということが分からないという方も多いのではないでしょうか。
パラセーリングは、体にパラシュートをつけて船で引いてもらって、海上の空を凧揚げのように飛ぶ空中散策ができるマリンスポーツのことです。初心者の方でも簡単な講習を受けるだけで、海を見渡せる海上40mの世界が目の前に広がります。海に潜って泳ぐのが「スキューバダイビング」、空を飛んで遊泳するのが「パラセーリング」と覚えると分かりやすいかもしれません。大空を独り占めできる満足感と沖縄の海上を飛んでいるという爽快感や開放感はパラセーリングならではだと思います。

パラグライダー、パラセーリング、ハングライダーって同じ?

「パラセーリングの意味は分かったけど、そういえばある芸人がよく言っていたパラグライダーもあるし、ハングライダーっていうのも聞いたことある・・・全部同じ?」と頭の中が混乱する方もいると思うので、少しご紹介します。

パラグライダーってなに?

スポーツ用に開発された四角い長方形のパラシュートを背負って山の斜面などを駆け下りて地上でパラシュートを開いた状態で離陸して、グライダーのように滑空するスポーツのことです。斜面を使って滑空しようという発想から生まれたスカイスポーツのことを指します。軽い布と糸でできたパラシュートを折り畳むと一人で持ち運びできるほど軽量なんです。

ハングライダーってなに?

アルミ合金制のパイプで出来た骨組みに合成繊維の布を張った機体に乗って空を飛ぶアクティビティの一つです。ハングライダーもスカイスポーツのひとつで飛行につかう機体のことを意味します。ベルトに吊り下がった(hang)状態でグライダー(glider:滑空機)に乗って滑空することからハングライダーと呼ばれています。

パラグライダーとハングライダーはどう違うの?

2つとも似ていますが、異なるスカイスポーツです。上昇気流を使うところは同じですが、ハングライダーの方が操縦が難しく、技術習得するまでパラグライダーより時間がかかります。パラグライダーは折り畳んで一人で運べる大きさになりますが、ハングライダーは折り畳んでもかなり大きいので、機材を一人で運ぶということは困難です。収納する場所の確保も必要という難点もあります。

パラセーリングとの違いはなに?

パラシュートは離陸のためではなく、着陸する時に減速するために使うものなので、離陸するためにパラシュートを使うパラグライダーとハングライダーとは異なります。離陸時はボートや船に引っ張ってもらって海上から空中に浮かぶので、その部分違いますよね。パラシュートの種類も違うので、そもそもが違うといっても過言ではありません。

パラグライダー、パラセーリング、ハングライダーの3つの違いが分かったところで、パラセーリングの魅力についてお伝えします。

パラセーリングの魅力

真っ青な空と透き通ったエメラルドグリーンの海とのコントラストを空中から楽しむことが出来るということが一番ではないでしょうか。体力や泳ぐことが必要なものまでマリンスポーツがありますが、パラセーリングは他のマリンスポーツと比べても体力の有無に関わらず、小さい子供から大人まで幅広い層に気軽に楽しめるスポーツとして人気があります。
ダイビングやシュノーケリングは海中を楽しむことが出来るマリンスポーツで綺麗なサンゴ礁や魚やマンタ等の生き物も見ることが出来て泳いで見える範囲内の景色を全力で感じることが出来るのがメリットです。一方、パラセーリングはダイビングやシュノーケリングと違って、比較できないほどの広大な海と風を全身で感じることができます。まるでピーターパンになったかのような気持ちになる開放感は言葉では表せません。実際に体験した方だけが知ることが出来ます。そんな非日常的な体験をしたくはありませんか。
ダイビングやシュノーケリングのようにライセンスを必要としないので、気軽に楽しめるのも良いですよね。

また、「コースを自分で決めることが出来る」ということが魅力の一つでもあります。ある程度コース等は決まっているところもありますが、パラシュートを引く船が運航できるルートであれば、可能なところも多いそうです。選ぶコースやルートによってもちろん見える景色は異なってきます。飛行機の中から見る景色の感動とは違う沖縄の広大な海を全身で感じて下さい。1度パラセーリングをしてみてもパターンやコースが無限にあるので、飽きが来ないのも何度も体験したくなる魅力ですよね。

パラセーリングの所要時間が短いので、いつでも好きな時に体験できる
短時間でパラセーリング出来るので、いつでも好きな時に沖縄の観光も盛り込みながら楽しめるのも魅力のひとつですよね。他のマリンスポーツのように水着に着替える必要がありません。

実際、パラセーリングはどのぐらい上空まであがるの?

大体40~50mの高さまで上がるといわれています。どのぐらいだろう?いまいちイメージがつかない・・・という方も多いのではないでしょうか。例えると、オフィスビル10階相当以上の高さと同じです。当日の天候や海の状況や体験者の体重によって飛行の高さは異なりますが、そう考えると、かなり高いと思いませんか。そんな高さから海を見ることはなかなか経験できないことですよね。パラセーリングで実感してみて下さい。

沖縄で人気のパラセーリングスポットはどこ?

【瀬底島】
瀬底島は外周約8kmしかない離島です。全長762mの瀬底大橋もあるので、毎年観光で訪れる方も増えていて、観光地として人気があります。那覇から車で気軽に行けるのも魅力の一つですね。透明度が高いので、シーカヤックやカヌーをはじめ、ダイビングスポットとしても人気が高まっています。

【浜比嘉島】
沖縄うるま市にある浜比嘉島はパワースポットとしても人気が高いのは知っていましたか。パワースポットとして注目の場所である浜比嘉島の美しい海の風景を空から眺めることが出来ますよ。
パラセーリングスポットは北部や西部に多く、東部には少ないそうです。どんな場所でパラセーリングをしよう?と考えるだけでも楽しくなってきますよね。是非、あなたの心が奪われるようなスポットを探してみて下さい。

パラセーリングの流れ

1.ライフジャケットを装備して船に乗ります。いざ出航!
2.出航してすぐにパラセーリングポイントに到着します。一人ずつハーネスを付けます
3.スタッフから空での安全上の注意などの説明があります。
4.パラシュートが広がり、いよいよ!ハーネスをフックに繋げたら準備は整いました
5.上空50mの世界へいざ出発です。
6.ゆっくり船の上に着陸して終了です

パラセーリングに必要なものやおすすめの服装は

マリンスポーツによって、準備やおすすめの服装が異なってきますので、事前にチェックすることが必要です。それでは、パラセーリングはどんなものや服装が良いのでしょうか。ご紹介します。
パラセーリングはダイビングやシュノーケリングと違って空中を楽しむマリンスポーツなので、濡れないのでは?と考えている方もいるかもしれません。確かに空中がメインのマリンスポーツではありますが、海面ギリギリを飛んだり、船からの水しぶきを浴びることも多いので、基本的には濡れると考える方がベターです。濡れても困らない服装を準備するのが良いでしょう。真夏は水着のみでも問題ありません。しかし、春や秋にパラセーリングをする場合は、水しぶきの他に風を全身で受けるので、寒さ対策も必要でしょう。水着の上に羽織るものがあれば良いかもしれません。

エリアから探す

  • 那覇南部
  • 恩納村・中部
  • 名護市・北部
  • 慶良間
  • 久米島
  • 宮古島地方
  • 石垣・八重山

エリアから探す

  • 那覇南部
  • 恩納村・中部
  • 名護市・北部
  • 慶良間諸島
  • 久米島地方
  • 宮古島地方
  • 石垣・八重山地方

エリアで絞り込む

  • 那覇南部
  • 恩納村・中部
  • 名護市・北部
  • 慶良間
  • 久米島
  • 宮古島地方
  • 石垣・八重山

料金並べ替え

OK