ジェットスキー/マリンジェットのツアー数73

ジェットスキー/マリンジェットの料金の平均金額は9299円

ジェットスキー/マリンジェット

ジェットスキー/マリンジェットとは?

  • ジェットスキー/水上スキー体験をしてみませんか。
  • ジェットスキーの魅力って?
  • ジェットスキーを運転するのは、ライセンスは必要?
  • 必要なグッズやツールは?
  • 水上スキーは誰でもできるの?
  • 必要なグッズやツールは?

ジェットスキー/マリンジェットのツアー数73

ジェットスキー/マリンジェットの料金の平均金額は9299円

180分遊び放題プラン 3時間貸切(団体割引あり6名様以上500円割引! お一人様16,500円⇨16,000円)

大人1名 16,500

株式会社ブルーラグーンオキナワ

恩納村発・北谷発・沖縄本島中部発

120分遊び放題プラン 2時間貸切(団体割引あり6名様以上500円割引!お一人様11,000円⇨10,500円)

大人1名 11,000

株式会社ブルーラグーンオキナワ

恩納村発・北谷発・沖縄本島中部発

《Aプラン》無人島シュノーケリング+マリンジェット+マリンチューブ【浜比嘉島内ムルク浜ビーチ】

大人1名 9,350

アクアラインマリンクラブ

恩納村発・北谷発・沖縄本島中部発

《Bプラン》バナナボートで浜比嘉島一周+人気マリンメニューを3種類!【浜比嘉島内ムルク浜ビーチ】

大人1名 9,350

アクアラインマリンクラブ

恩納村発・北谷発・沖縄本島中部発

13種類のマリンスポーツ◎1日一艇貸切プラン!!

1隻 102,000

沖縄マリンスタイル

恩納村発・北谷発・沖縄本島中部発

海上のスケボー?!ホバーボード体験↑↑

大人1名 11,000

沖縄マリンスタイル

恩納村発・北谷発・沖縄本島中部発

沖縄のきれいな海で3時間遊び放題!!!

大人1名 16,800

沖縄マリンスタイル

恩納村発・北谷発・沖縄本島中部発

↑↑フライボード体験↑↑

大人1名 6,600

沖縄マリンスタイル

恩納村発・北谷発・沖縄本島中部発

【60分】8種類のマリンスポーツ!完全貸切遊び放題!!!!

大人1名 7,000

沖縄マリンスタイル

恩納村発・北谷発・沖縄本島中部発

11種類のマリンスポーツ《2時間 完全貸切遊び放題!!!!!

大人1名 13,000

沖縄マリンスタイル

恩納村発・北谷発・沖縄本島中部発

ゆったり中型クルーザーをリッチに貸切り+JET+チューブ系全て乗り放題&船上BBQ付き♪♪【満喫7時間】☆宜野湾発☆

1隻 193,000

シーワークス沖縄アイランド

恩納村発・北谷発・沖縄本島中部発

 《大人4名様〜》 盛り上がり№1のフルコース!全部遊び放題♪♪笑いまくりのマリンスポーツ三昧ツアー【6時間】

大人1名 22,500

シーワークス沖縄アイランド

恩納村発・北谷発・沖縄本島中部発

  ボ ートチャーター【6時間】ジェットスキー追加もOK!【慶良間チービシ環礁】絶景さんご畑で満喫海遊び☆宜野湾発 ☆

1隻 90,000

シーワークス沖縄アイランド

恩納村発・北谷発・沖縄本島中部発

【 グループ,社員旅行】クルーザー完全貸切り+JET+チューブ系全て乗り放題&船上BBQ付き♪♪【満喫7時間】宜野湾発

1隻 158,000

シーワークス沖縄アイランド

恩納村発・北谷発・沖縄本島中部発

【東海岸プライベートビーチ貸切】☆ウェイクボード☆初心者の方~上級者まで☆

大人1名 5,000

ハピネスマリン倶楽部

本部町発・名護発・沖縄本島北部発

★【北部発】ザップボード 「ウェイクボード初心者や女性、お子さんに是非!!」沖縄のマリンスポーツはジュゴンの見える丘の海にGO

大人1名 3,850

スカイウォーク

本部町発・名護発・沖縄本島北部発

【名護市・やんばる国立公園入口】( パラセーリングorフライボードorホバーボード)+アクティブ3・【バンドワゴン&バナナ&マーブル】選べてお得な格安プラン♪

大人1名 10,450

スカイウォーク

本部町発・名護発・沖縄本島北部発

【友達・カップル・グループ応援】やんばる国立公園・初心者ウェイクボード体験

大人1名 6,000

オクマナビ-OKUMA Navi-

本部町発・名護発・沖縄本島北部発

【沖縄】残波岬ツーリング(*'▽')

大人1名 35,000

SEALIKE( シーライク)

恩納村発・北谷発・沖縄本島中部発

ヤマハマリンジェット2020最新モデルがレンタル艇として登場!船長はアナタ!美ら海を駆け抜けよう!!

サンライズマリン沖縄

本部町発・名護発・沖縄本島北部発

挑戦者募集中!空飛ぶ椅子!?【フリーダムフライヤー】サンライズマリン沖縄で体験できます!

サンライズマリン沖縄

本部町発・名護発・沖縄本島北部発

挑戦者募集中!空飛ぶバイク!【ジェットベイダー】サンライズマリン沖縄で体験できます!

サンライズマリン沖縄

本部町発・名護発・沖縄本島北部発

海中道路海岸で、ジェットスキーレンタル&周辺無人島ツーリングツアー1台¥35,000~

Mマリンスポーツ企画

恩納村発・北谷発・沖縄本島中部発

海中道路海岸で、フライボード・ウェイクボード・完全マスタープラン・BBQお食事付き¥12,000

大人1名 12,000

Mマリンスポーツ企画

恩納村発・北谷発・沖縄本島中部発

海中道路海岸・マリンチューブ5点+フライボード・2時間遊び放題¥11,000

大人1名 11,000

Mマリンスポーツ企画

恩納村発・北谷発・沖縄本島中部発

海中道路海岸・マリンアクティビティー・2時間遊び放題・¥11,500

大人1名 11,500

Mマリンスポーツ企画

恩納村発・北谷発・沖縄本島中部発

ジェットスキーで★うみがめ探索★泊フィッシャリーナ発着

大人1名 8,000

ロイヤルマリン

久米島(はての浜)

貸切り!ジェットスキーで5つの島を巡るツーリングプラン☆免許有で運転できま~す☆

大人1名 12,500

マリンピース

恩納村発・北谷発・沖縄本島中部発

貸切りジェットスキー無人島ツーリングプラン&無人島シュノーケル体験☆免許有で運転できま~す☆

大人1名 12,500

マリンピース

恩納村発・北谷発・沖縄本島中部発

何名様でも同料金!!ジェットスキー含む6種類マリンスポーツ遊び放題40000円【3時間】

1隻 40,000

ファイブオーシャン

本部町発・名護発・沖縄本島北部発

おすすめアクティビティ12月・1月

沖縄ホエールウオッチング♡特集*

迫力満点なクジラの
パフォーマンスが魅力の
大人気アクティビティです♫

沖縄☆冬の
アクティビティ特集*

冬場でも温暖な沖縄ならではの
アクティビティです★

宿泊オプション付き
ツアー特集*

宿泊オプションで
アクティビティを
目一杯楽しもう★

沖縄修学旅行で
何して遊ぶ!?*

班ごとでも参加できる
沖縄のアクティビティを
集めました★

NEW!
団体様
貸切チャーター
特集*

団体様必見♪
職場・学校のみんなと
特別な時間を過ごそう★

美ら海水族館近く♬
瀬底島!特集

沖縄本島北部の離島◎
プランが大人気♡
思いっきり楽しもう♬

フォトジェニックな
恋の島!
古宇利島特集◎

古宇利大橋が見える
エメラルドグリーンの
絶景が見える
古宇利島をCHECK★

家族連れおすすめ♬
津堅島!特集

高速船30分の
沖縄本島中部の離島◎
BBQ付きプランが大人気♡
思いっきり楽しめちゃう♬

【2019】最新!
アクティビティ
6選☀

もう体験した??
珍しい最新アクティビティを
先取りご紹介♪

今季大注目
スキンダイビング
特集◎

人魚姫のように
美しく泳いでみませんか^^?

慶良間諸島ツアー
♢決定版♢

《ケラマブルー》体験した?
ウミガメやマンタに
会いに行こう◎

青の洞窟シュノーケリング&体験ダイビングツアー特集

朝・昼・夕で洞窟内の青色にも変化が見られ人気スポットの1つです。

【最新】
はての浜 特集

東洋に浮かぶ楽園であなたは何する?♡

気分爽快!パラセーリング特集!

沖縄の空を満喫!地上とは違った沖縄の綺麗な海に感動すること間違いありません!

石垣島★
幻の島パナリ島!
特集

最近話題沸騰中
”幻の島”に行ってみよう♪

女子旅人気ツアー

女の子の為だけのとっておきキラキラツアーを集めちゃいました☆彡

ジェットスキー/マリンジェットとは?

沖縄マリンショップのジェットスキー、水上スキーのお得なプランを掲載しています。ジェットスキー/水上スキーとは、水上をバイクのような形の小型艇で疾走感を楽しむマリンスポーツです。
ボートとは違い、スクリューで進むのではなく、後方に海水を噴出して進みます。
海外では操縦体験できるお店もあるようですが、日本では基本ライセンスの無い方は
操縦できません。ライセンスを持ってる方にレンタルするお店も多くはないようです。ジェットスキーのスピード感、カーブや急な方向変換のスリルを存分にお楽しみ下さい。
太陽きらめく沖縄の綺麗な海面をバイク感覚で疾走する楽しみがあなたを待っています。

ジェットスキー/水上スキー体験をしてみませんか。

絶叫好きにはたまらないマリンスポーツがあるのを知っていますか。ジェットスキー/水上スキーです。乗るだけでスピード感とスリル感を味わえて、手軽に簡単に楽しめるので、アクティビティが好きなあなたもハマるかもしれません。特にマリンスポーツでスリルを味わいたい!という方にはおすすめです。せっかく沖縄といえば透き通った透明度の高いエメラルドグリーン海が広がっているので、マリンスポーツを楽しみながら観光も楽しみたい!という方にも向いています。バ爽快感がたまらない!スリル満点の非日常感を味わえるジェットスキー/水上スキー体験をしてみませんか。海への冒険ライドに出発!今回は、ジェットスキー/水上スキーをするための基本や魅力をお伝えします。

ジェットスキーってなに?

簡単に言うと、水上を颯爽と走るマリンスポーツのことです。ジェットスキーの日本での正式名は水上オートバイと呼ばれています。ジェットスキーという名称はKawasakiの登録商標されていて、マリンジェットはYAMAHAの登録商標です。水上オートバイと一言で言ってもメーカーによって呼び名が違います。また、アメリカではPWC(パーソナルウォータークラフト)と呼ばれています。ジェットスキーには、2タイプに分かれていて、立って乗るタイプのシングルと座って乗るタイプのタイデムがあります。シングルはエンジン停止状態では立って乗っていられませんが、タンデムはエンジン停止状態でも安定して乗ることが出来るのも特徴です。タンデムは初心者の方でもすぐに乗ることができるので、おすすめです。

ジェットスキーは、夏になると、水上を気持ちよく走っているジェットスキーヤーってかっこよく見えますよね。沖縄にせっかく行くなら思いっきりエメラルドグリーンの透き通った海を満喫したいですよね。そういう時にはジェットスキーが最適です。なんといっても見た目がかっこいいです。バイクや車好きの方にはたまらない乗り物ではないでしょうか。

ジェットスキーの魅力って?

他のマリンスポーツやアクティビティを同時に楽しめる
ジェットスキーは水上を颯爽と走るだけではありません。海の上を自由に移動できるのはもちろんのこと、フィッシングポイントで釣りをしたり、シュノーケリングもできちゃいます。水上スポーツとして、ジェットスキーを極めるならトーイングからフリースタイルまで可能で海をアクティブに楽しめます。ジェットスキーは男なら一度は憧れるアクティビティではないでしょうか。ジェットスキーに乗っているだけで、なぜかできる男に見えたり、かっこよく見えたりしますよね。

ツーリングが出来る
ジェットスキーに慣れたら仲間同士でツーリングもできますよ。バイクを運転する時のように信号や道路もないので、どこへ向かうかはあなた次第です。目の前に広がる素晴らしい景色を見ながらツーリングを楽しむのも魅力のひとつですね。

ジェットスキーでトーイングもできる
ウェイクボードやトーイングチューブなどのトーイングスポーツを楽しむこともできますよ。ジェッスキーでは、味わい切れない波をウェイクボードやトーイングスポーツで満喫することが出来ますよ。

レースやフリースタイルの大会に出る
最初はそこまで目指さない方も多いかもしれませんが、ジェットスキーでレースやフリースタイルを行うことが出来ます。レースでは、耐久レース、速さを競うクローズドコースレースなどがあるので、ハマった場合は、ここまで目指すのも良いかもしれません。
また、フリースタイルというジェットスキーを使った回転やジャンプをする演技をする人もいます。水上を颯爽と走っていたジェットスキーがアクロバティックな動きができたりと遊びの幅が広いのもジェットスキーの魅力ですね。

ジェットスキーを運転するのは、ライセンスは必要?

こんな魅力がいっぱい詰まったジェットスキーを運転してみたい!とあなたも思ったのではないでしょうか。しかし、ジェットスキーを運転するためには免許が必要なことを知っていますか。ジェットスキーに必要な免許を特殊小型船舶免許といいます。特殊小型船舶免許を取得するには、1つの免許ではなく2つ必要です。1級小型船舶免許や2級小型船舶免許と同様に学科試験と実技試験を受けなければいけません。せっかくジェットスキーに乗りたいという想いになったのにそんなに免許を取らないといけないのならどうしようかなと悩んでいる方に朗報です。最短1日で免許を取得出来るスクールもあるので、ジェットスキーに乗りたい方は是非ともこの際にチャレンジしてみませんか。

ジェットスキーの魅力が伝わったところで、水上スキーについてご紹介しますね。
水上スキーってなに?
水上スキーとは、その名前の通り、スキーの様な板を履いた状態で水上を滑走するマリンスポーツのことをいいます。モーターボートやジェットスキーなどにハンドルのついたロープで引っ張りながら水上を滑走します。1915~1920年頃、アメリカで始まったアクアプレーンという遊びが始まりと言われていて、現在の水上スキーに近いものは、1922年ミシシッピー河口のヘビン湖で湖上での滑走に成功したのが水上スキーの起源と言われています。速度は40km/h~50km/hですが、体感速度は100m/h以上です。全身で水の抵抗や海風を受けながら滑るので、その爽快感は一言でいうと、スリル!です。まるで、水上のジェットコースターに乗っているような気分を味わうことができます。マリンスポーツの中では難易度が高いとされていて、体力の消耗も激しいと言われていますが、その分、迫力やスリル感はもちろんのこと、達成感も抜群です。

ウェイクボードと似ているけど、違うの?

水上スキーは、ウェイクボードと似ていますが、板の足の置き方が違います。足先が正面を向いていて、ウェイクボードは、横に向いています。水上スキーの板は、片足を垂直にもう一方の片足を横向きにしてポジションを取りますが、ウェイクボードの板は、スノーボードやスケートボードと同じく両足とも横向きです。水上スキーよりウェイクボードの方が安定性が高いので、技を決めやすいとされています。360℃宙返りなど技の自由度が高いです。水上スキーでも技を決めることが出来ますが、難易度が高いです。また、ウェイクボードは波の影響を受けにくいので、海でも気軽に出来ますが、水上スキーは波の影響を受けやすいので、少し慣れる必要があります。元々、水上スキーは、海でするスポーツではなく、湖や川などの波の浅い場所で行うスポーツでした。レジャーとして遊ぶのであれば、海でも問題なく滑走することが出来ますよ。

水上スキーの板の種類

水上スキーの板には3種類に分けることが出来ますので、板の種類についてご紹介します。

【ジャンプ板】
ジャンプ競技をするための板として使われますが、幅が広く安定性が高いので、初心者の練習用としても使える板として活用されています。

【スラローム板】
スラロームという蛇行競技に使われる板のことをいいます。ジャンプ板同様、初心者の練習用に使われることがあります。比較的、スピードがつきやすいので、水上スキーの迫力が思う存分楽しめる板です。

【トリック板】
ウェイクボードに似ていてトリック競技に使われる板で、技を決める時に使われることが多いです。ターンや宙返りなど、初心者では出来ないような水上での演技を繰り広げることが出来る板です。少し扱いが難しいので、初心者はまずジャンプ板やスラローム板からスタートし、水上スキーが慣れてきたら、トリック板デビューするのが一般的と言われています。

水上スキーは競技としても確立されている?
スラローム、トリック、ジャンプといった種目に分かれています。1人での競技だけではなく、団体競技もあります。

必要なグッズやツールは?

【ウエットスーツ】
身体を冷えや海の危険から守ってくれるウエットスーツは、ダイビングの時にだけ必要ではありません。マリンウォーク/シーウォークをする時にも着用は必須ですよ。真夏でも長時間海に入っていると、思っている以上に海面が冷えているので、低体温症になりかねません。ウエットスーツは種類がたくさんあるので、季節とあなたのサイズに合わせた正しいウエットスーツを選んで下さいね。そういわれてもどんなウエットスーツがいいか分らないという方に少しご紹介します。
マリンスポーツをする上で特にウエットスーツはとても重要なアイテムです。海水は思っている以上に身体の体温を奪います。体温を低下させないように保温する効果と外部からの衝撃や接触などがあった場合でも身体を守る役目を果たしています。海上や海中は、思っている以上に日に焼けます。太陽の光が海面に跳ね返るので、陸上にいる時より照り返しがきついからです。ウエットスーツは、日焼けを防止する役割もありますし、ウエットスーツは発泡状のネオプレーンゴムでできているので、空気の粒がたくさん入っていることで、浮力効果もありますよ。
季節や温度によって、海水の温度も変わるので、季節や時期に合わせて着るウエットスーツを変えたり、フルスーツの下にフードベストを着るなどをすることで、温度調節ができるので、気兼ねなくマリンスポーツを楽しめますよ。ウエットスーツの種類は様々です。

フルスーツ
ウエットスーツならこれ!と言っても過言ではないほど、一般的なウエットスーツです。 手首から足首まで体全体を覆っているウエットスーツなので、夏でも寒い冬でも1年通して使用できるウエットスーツのことをフルスーツといいます。

シーガル
半袖・長ズボンのタイプなので、春から秋まで長い季節に着ることができるウエットスーツです。
タッパー(ジャケット)とのコーディネートも楽しめるので、シーガルの中にタッパーを重ね着することで保温力が上がりますよ。

スプリング(ショーティー)
半袖・半ズボンのタイプなので、水温・外気温が暖かい夏の季節におすすめのウエットスーツがスプリングです。マリンウォーク/シーウォークでは夏はこのタイプがおすすめですよ。
その他、上半身だけ覆ったタッパー(ジャケット)というタイプや袖の無いノースリーブタイプのウエットスーツのベスト、首から水が入りにくい構造の袖の無いベストとフードが一体になったタイプのウエットスーツなど様々なウエットスーツがあるので、季節に合わせて変えてみてはいかがでしょうか。

【グローブ】
水上スキーではロープのバーが滑るので、しっかりとロープを離さずに掴むためのグローブは必須です。上級者であればグローブなしで滑走している人もいますが、初心者は特に必要なアイテムなので、必ず着用しましょう。

【ライフジャケット(救命胴衣)】
水上スキーやジェットスキーなどのモーターボートを楽しむときなどは、必ず救命胴衣を着用することが義務付けられています。泳ぎに自信があるから大丈夫!などの過信が大惨事につながりかねません。救命胴衣を着用せず、着衣や水着のみで泳ぐのは、見た目以上に体力を消耗するのです。水上スキーから落ちたらそこは海です。泳ぎの上手な人や自信がある人でも危険は潜んでいるんです。しっかりと、救命胴衣を着けることで、必ず着水すると、海面に浮くことができますので、必ず装着しましょう。水上スキーを引っ張るモータモートの操縦士や水上バイクの運転手は、危険を感じたときの合図などの連絡方法を乗る前に確認してもらいましょう。

水上スキーは誰でもできるの?

水上スキーは特に年齢制限はありません。子供から大人まで基本的には誰でも楽しめますが、ロープを持って踏ん張る力が必要なので、ある程度、体力を消耗したり、普段使わない筋肉を使うマリンスポーツです。水上スキーをしたい気持ちはあっても手の握力がなくなったりすると、水上スキーを存分に楽しむことができません。基本的には男女問わず、体験できますが、体力に自信がなかったりすると、少し疲れてしまう可能性があります。

危険性は大丈夫?

水上スキーは引っ張ってもらうので、海に打ち付けてしまって打撲という可能性もありますが、ジェットスキーは特に事故も多く報告されています。気軽に遊べて楽しい!というイメージがあるジェットスキーですが、普通のボートに比べて時速100kmのスピード感があり、体がむき出しになっているので、事故を起こすとかなりのダメージがあります。免許が必須とされているジェットスキーですが、無免許で操縦してしまうということも実際にあるのも事実です。昔は、免許を持っている人が一緒に乗車すれば、運転できたそうですが、現在では許されていません。楽しい!スリル満点!という方ばっかり目が行きがちですが、危険行為をしていると、大変な事故にもつながりかねないので、きちんとルールを守った上でマリンスポーツを楽しみましょう。

沖縄での水上スキーをより楽しむためには
水上スキーでは、ジェットスキーやモーターボートを引いて波を起こして遊ぶマリンスポーツですが、波の潮回りもチェックしておくと良いでしょう。満潮の時間や高さは毎日変わるので、気象情報や波の情報をこまめにキャッチしましょう。

水上スキーに重要な潮回りとは
15日間を周期とする潮の満ち引きの海の状態を3つに分けることが出来ますので、簡単に解説します。

大潮(おおしお)
潮の干満の差が最も大きいことを意味します。大潮は満月と新月の1~2日後に起こります。特徴して、潮が一番多くて、満ちるのも潮が引きはじめるのも早いんです。

中潮(なかしお)
満潮と干潮の差が大潮と小潮と比べて中ぐらいの潮のことを意味します。潮の満ち引きが早い潮回りです。

小潮(こしお)
潮の干潮の差が大潮と中潮と比べて最も小さい潮のことを意味します。上弦、下弦の月のころに起きます。

携帯用潮位表がコンビニで手に入るのは知っていますか。最近では、インターネットでも確認することができます。そもそも潮見表ってなに?というあなたにもご説明します。

潮見表(タイドテーブル)とは
どうしたら潮の流れが分かるのでしょうか。満潮と干潮の時間、基準面から測った海面の高さ、潮回りなどが書いてあります。当たり前ですが、地域や場所によって潮回りが違うので、沖縄の潮見表(タイドテーブル)を必ずチェックしましょう。

防水バッグ
着替えや汗を拭くためのフェイスタオルや日焼け止めクリームを水に濡れない入れ物に入れたい!という方には、防水バッグがおすすめです。種類は様々ですが、底がドラム式になっているものもあり、あると便利ですよ。ジェットスキー/水上スキーのみならず、他のマリンスポーツでも活用できるので、一つ持っておくのも良いかもしれませんね。

日焼け対策は?
海中に潜るとはいえ、海夏場は特に日焼け対策も必須です。頭上からの直射日光と海面の照り返しによって、普段より十分すぎるほどの日焼け止めクリームを塗らないと、肌が真っ赤になり、火傷をしたような状態となります。ジェットスキー/水上スキーを楽しんでいる間は気にならないかもしれませんが、熱を吸収してしまい、体力も余分に奪われることになるので、注意が必要です。

天候チェック
天候や気象が変化しやすい沖縄では、当日の天気をチェックすることが大切です。急にゲリラ豪雨が起きたり、雨の確率が高かったり、季節によっては台風が発生するので、事前もそうですが、当日も必ず確認する必要があります。特に海の場合は天候が変わりやすく、「風が強くなって波が高くなってきた」というパターンもあります。急な天候変化に備えて、着替えや防寒対策や防水対策をしっかりと準備する必要がありますね。海に出てしまうと、携帯を海に落ちても困るから天候が分からないという方にはラジオが役立ちます。出船から着岸までラジオで気象情報を手に入れましょう。

いかがでしたでしょうか。今回は、ジェットスキー/水上スキーの基本や違いについて解説しました。風を切りながら颯爽と走ってスリル感を味わえる海の上のハーレーと呼ばれているジェットスキー、波を感じながら水上を滑走する水上スキーはそれぞれ魅力の詰まったマリンスポーツといえるでしょう。陸から海に飛び出して、陸上とは違った環境の中で軽快にジェットスキーや水上スキーに乗ってみましょう。水上スキーは体力がある方におすすめはしますが、体力に自信がなかったり、不安になる方も安心してください。インストラクターやスタッフが丁寧に教えてくれるので、初めてでも楽しむことが出来ますよ。日常生活では味わえない未知の世界を体感しませんか。

エリアから探す

  • 那覇南部
  • 恩納村・中部
  • 名護市・北部
  • 慶良間
  • 久米島
  • 宮古島地方
  • 石垣・八重山

エリアから探す

  • 那覇南部
  • 恩納村・中部
  • 名護市・北部
  • 慶良間諸島
  • 久米島地方
  • 宮古島地方
  • 石垣・八重山地方

エリアで絞り込む

  • 那覇南部
  • 恩納村・中部
  • 名護市・北部
  • 慶良間
  • 久米島
  • 宮古島地方
  • 石垣・八重山

料金並べ替え

OK